A+ の学生のように角帽をかぶる方法 (そうでなくても)

楽しいゲーム
卒業式の帽子をかぶる方法

Shopify パートナー/バースト

帽子とガウンを着て 卒業式 中世にまでさかのぼる不朽の伝統です。学生は何世紀にもわたって帽子とガウンを着用していますが、それは私たちがその服装を正確に知っているという意味ではありません.卒業式のフードから卒業式のタッセルの側面の配置、卒業式の帽子を留める方法に至るまで、物事はかなり混乱する可能性があります.汗かいていない。卒業式の帽子をかぶる方法についてのアドバイスに従って、恥ずかしい瞬間を避けてください。あ、ちなみにおめでとう!

今日のランダムなトリビア問題

角帽の被り方

まず、卒業式の帽子が実際に頭に合っていることを確認する必要があります。それができれば、いいです!そうでない場合は、卒業コーディネーターに連絡することをお勧めします。次に、帽子のクラウンにある四角いパーツであるモルタルボードについて知りたいと思います。モルタルボードの前端が額の中央、つまり両目の間になるように帽子を置きます。前と後ろはどうやって見分けるの?メーカーはつばの内側に基本的な指示を記載しているかもしれませんが、キャップのデザインからもわかるかもしれません.通常、額の部分にはわずかなテーパーがあり、後ろにはゴムバンドがあります。もう 1 つの重要なヒント: モルタルボードは平らで地面と平らでなければなりません。曲がったり、斜めになったり、押し戻されたりするものは、ブエノではありません。どれくらい真っ直ぐで平らかテストしてみませんか?帽子の上に小さなものを置き (ニッケルまたは大理石が機能します)、それが転がっているかどうかを確認します。そうでない場合は、準備完了です。

グラデュエーション キャップ タッセルの側面と、グラデュエーション キャップ タッセルの配置の意味

次はタッセルです。卒業キャップに組み立て済みのタッセルが付いていない場合は、自分で取り付ける必要があります。これを行うには、タッセルのループをキャップの中央部分にある隆起したボタンに固定するだけです。脱落せず、前後に揺れることができるように十分に固定する必要があります。もう 1 つのヒント: タッセルをブラッシングして、絡まないようにします。あなたはそれがルーズグースに見えるようにしたい.タッセルを取り付けたら、キャップの正しい側にタッセルを取り付けます。伝統によると、卒業生の中には、卒業の象徴としてタッセルを帽子の側から別の側にひっくり返すように求められる人もいるためです.学士号または高校の卒業証書を取得している場合は、卒業後に房を左側に移動するように指示されるため、卒業式の前にそれを itmormor板の右側に置きます。卒業を宣言しました。修士以上の学位を取得している場合、タッセルは卒業式の前から卒業式の間中、左側に留まります。

角帽を固定する方法

キャップの固定に問題がありますか?次に、卒業式の帽子を固定することを検討することをお勧めします。では、どうすれば自分を傷つけずにそれを行うことができるでしょうか。男の子でも女の子でも、ボビーピンでも、どんなタイプの目立たない髪留め具でも、あなたの親友になります。ボビー ピンをクロスして X フォーメーションにし、キャップの付け根で髪に取り付けることを検討することをお勧めします。自分の髪の色のクリップを見つけると、より自然に見えます。一部の女性は、帽子の内側にヘッドバンドを縫い付けており、脱落防止にも役立ちます。

男なら角帽をかぶる方法

男女問わず、卒業式の帽子をかぶるのは基本的に同じです。頭にピン留めする方法がわからない場合は、自分のヘアクリップを借りるか購入することを検討してみてください。心配しないでください - 誰も教えてくれません!



卒業フードの着用方法

アカデミアのレガリアのもう 1 つの部分は、卒業式のフードです。卒業式のフードは通常、ベルベットのトリムが付いた黒で、トリムの色は学位を表しています。フードの裏地の色は、その特定のパターンとともに、あなたの学術機関を表しています。

ミニーという名前の意味は何ですか

では、卒業式のフードをどのように着用すればよいのでしょうか。まず、各施設には独自のルールがあるため、式典の前に尋ねることをお勧めします。教授にフードをかぶせる学校もあれば、自分でフードをかぶるように要求する学校もあります。後者を行う場合は、フードをドレープして、機関の公式の色と裏地のデザインが見えるようにする必要があることを覚えておくことが重要です。フードは後ろでドレープするようになっているため、フードの小さくて尖った端が首の付け根に平らになるようにします。それが終わったら、ピンやボタンでフードを固定して、フードが落ちたりしわになったりしないようにします。

関連:毎年「卒業」が起こり始めたのはいつですか?